ロゴ九州工業大学次世代パワーエレクトロニクス研究センター

活動報告

平成30年度

トピックス

  • 平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受賞
  • 平成30年12月3日(月)イイノホール&カンファレンスセンター(東京都内)で平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰式が行われました。
    本表彰は、環境省が平成10年度から地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年地球温暖化防止月間である12月に、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対しその功績をたたえるため、地球温暖化防止活動大臣表彰を授与しているものです。
    本年度、次世代パワーエレクトロニクス研究センターの低炭素社会への実現へ向けた取り組みの一環「量産性の高い低コストパワー半導体を実現するシリコンパワー半導体(IGBT)微細化スケーリング則」の研究開発において地球温暖化防止活動大臣表彰「技術開発・製品化部門」を受賞いたしました。
    本年度は、「技術開発・製品化部門」6件、「対策技術先進導入部門」10件、「対策活動実践・普及部門」14件、「環境教育活動部門」7件、「国際貢献部門」2件の39件(団体、共同、個人)が受賞しました。
    表彰式当日は、原田義昭環境大臣からの表彰状授与、受賞者・一般参加者との情報交換会、これまでの取組みを紹介する受賞者フォーラムが行われ、大村センター長が代表し授賞式に出席しました。
    当センターでは、今後も低炭素社会の実現へ向けた取り組みを継続し、地球温暖化防止活動の一助となるべく研究開発を行っていく所存です。
地球温暖化防止活動環境大臣表彰1 地球温暖化防止活動環境大臣表彰2
授賞式の様子
地球温暖化防止活動環境大臣表彰3
受賞者全員による記念撮影
地球温暖化防止活動環境大臣表彰4 地球温暖化防止活動環境大臣表彰5
情報交換会の様子
地球温暖化防止活動環境大臣表彰6
フォーラムでの発表の様子
  • IEEE Power Electronics Society
    2018 IEEE Transactions on Power Electronics Prize Letter Award 受賞
  • 長谷川一徳准教授、高原賢さん、田畑勝次さん、附田正則客員准教授、大村一郎教授の共著論文がIEEE Power Electronics Society 2018 IEEE Transactions on Power Electronics Prize Letter Award を受賞しました。
    2018年9月23日~27日にアメリカオレゴン州ポートランドで開催のECCE2018 (IEEE ENERGY CONVERSION CONGRESS & EXPO)で授賞式が行われ、長谷川准教授と附田客員准教授が出席しました。

    Title: A New Output Current Measurement Method With Tiny PCB Sensors Capable of Being Embedded in an IGBT Module
    Authors: Kazunori Hasegawa, Satoru Takahara, Shoji Tabata, Masanori Tsukuda, and Ichiro Omura,
    Published in: March 2017, Vol. 32, pp. 1707-1712
    Abstract:
    This paper proposes a new output current measuring method using tiny printed-circuit-board (PCB) current sensors. The method will make it possible to install the PCB current sensors in an insulated-gate bipolar transistor (IGBT) module. The PCB sensor picks up a switching current flowing through an IGBT chip, and then a combination of a digital circuit based on field-programmable gate array and an integrator circuit reproduces the output current of an inverter from the switching current. A proof-of-concept experimental verification is carried out using a buck converter, which verifies that the proposed method detects a dc component of the output current as well as a ripple component although the PCB sensor is based on the so-called Rogowski coil.
授賞式1
授賞式の様子
授賞式2
長谷川准教授 附田客員准教授
  • International Workshop on Power Supply on Chip 2018
    Best Student Poster Award を受賞
  • 2018年10月17日~10月19日にNational Chiao Tung University(台湾新竹市)で行われた International Workshop on Power Supply on Chip 2018にて、博士前期課程2年 皆尺寺光さんがBest Student Poster Award(第三位)を受賞しました。

    Title: Design Consideration of Air-Core On-Chip Spiral Coil for Power-SoC
    Authors: Hikaru Kaishakuji, Seiya Abe
    Abstract:
    The power supply on chip (power-SoC) which integrates power devices, control circuits and passive devices fabricated on the same chip or 3D-stacked chip are attractive because it can realize ultimate minimization of the power supply. In order to achieve the high efficiency power-SoC, the development of the high performance air-core coil is necessary. In this paper, the design methodology of air-core spiral coil is discussed.
受賞式
受賞式(右:皆尺寺光さん)
PAGE TOP