ロゴ九州工業大学次世代パワーエレクトロニクス研究センター

教員・研究員紹介

    大村一郎
  • 【氏  名】大村 一郎
  • 【所  属】生命体工学研究科生体機能応用工学専攻 教授
    次世代パワーエレクトロニクス研究センターセンター長
  • 【専門分野】グリーンエレクトロニクス:パワーエレクトロニクスおよびパワー半導体
  • 【研究内容】省エネのコア技術である、パワーエレクトロニクスと、パワー半導体の研究を行っています。パワーエレクトロニクス・パワー半導体は、電気自動車や風力発電、高効率電力送電で広く活用されており、今後のエネルギー有効活用やCO2削減にむけ、世界的な最重要技術です。
  • 【氏  名】松本 聡
  • 【所  属】工学研究院電気電子工学研究系 教授
  • 【専門分野】集積パワーシステム、エネルギーハーベスティング
  • 【研究内容】電気エネルギーの有効利用を目的として、Si基板に搭載可能な電源の実現に向けた研究とクリーンエネルギー用のエネルギーハーベスティング技術の研究を行っています。具体的には、超高密度3次元実装技術、高温・高周波パワーデバイスとその信頼性評価技術、DC-DCコンバータの回路・制御技術の研究を行っています。
  • 【氏  名】嘉藤 徹
  • 【所  属】生命体工学研究科生体機能応用工学専攻
    グリーンテクノロジー講座 客員教授
  • 【専門分野】固体酸化物形燃料電池、蒸気電解水素製造システム
  • 【研究内容】地球温暖化、化石燃料の枯渇等の課題に対し、燃料の更なる有効利用を目指し、高効率な固体酸化物形燃料電池(SOFC)システムの商用化促進、用途拡大、多種の燃料への対応、炭酸ガス回収システムなどの開発を支援する性能評価技術の研究を行っています。
  • 【氏  名】安部 征哉
  • 【所  属】工学研究院電気電子工学研究系 准教授
  • 【専門分野】スイッチング電源、パワーエレクトロニクス、電子回路
  • 【研究内容】エネルギー有効利用のキー技術である電力変換装置(スイッチング電源)とその制御技術及び給電システムを中心に研究をしています。特にデータセンターに用いられる電源の高電力密度化及び給電システムにおける回路・制御技術の研究開発に取り組んでいます。
  • 【氏  名】長谷川 一徳
  • 【所  属】工学研究院電気電子工学研究系 准教授
  • 【専門分野】パワーエレクトロニクス回路
  • 【研究内容】省エネルギーに貢献するパワーエレクトロニクス機器の高効率化・高機能化を目指した回路設計と評価技術について研究を行っています。特に、次世代 の大電力インバータなどに組み込まれる平滑用キャパシタの評価技術や、パワー半導体デバイスのゲート駆動技術について取り組んでいます。
  • 【氏  名】渡邉 晃彦
  • 【所  属】生命体工学研究科生体機能応用工学専攻 准教授
  • 【専門分野】パワー半導体、パワー半導体信頼性、薄膜・表面界面物性
  • 【研究内容】高電流密度化する新世代パワーデバイスの高信頼化を目指し、リアルタイム・モニタリングを基にした故障解析技術の開発を行っています。加速試験中のパワーデバイスの内部状態、温度分布などを非破壊でリアルタイム・モニタリングを行い、「故障原因解明」、「故障要因抽出」、「故障のモデル化」、「寿命予測」とする技術開発に取り組んでいます。
PAGE TOP